top of page

4月17日(水)WITHカフェぷちvol.113開催しました~♪


朝は曇っていたものの、日中汗ばむようなお天気になったこの日に7組の親子が来てくださいました。前回でも顔を合わせたメンバーが多くて、そういえば、あれ(前回話したこと)どうでしたか~?なんて話もできましたね。そう、このWITHカフェぷちは産後の親子さん同士、地域で顔見知りになってほしい趣旨もあって始めたものです。

赤ちゃんが産まれる前の大人ふたりだけの生活では、地域に知り合いがいなくても特に困ることはなかったのではないですか?赤ちゃんができると、そこが大きく変わるところではないでしょうか。遠い親戚より近くの他人とはよくいったもので、、、何より地域に知り合いが増えると、なにより日々の生活が楽しくなるし、心強くなりますよね!(是非ひろばも、みなさんの頼りのひとつになれればといつも思っています!はい)みなさんが仲良くお喋りしているのを見て、嬉しかったです(^^)

いつものように、赤ちゃん体操をしたり、手遊びをしたり、ママたちも少しストレッチもしましたよ~♪トークタイムでは、断乳を考えていますが、みなさんはどうですか?またはどうでしたか?という発言に、赤ちゃんのお兄ちゃんお姉ちゃんの時の経験を先輩のママに話してもらうなどいろいろ意見交換もできて、そのママもアイデアがもらえたと思います。哺乳瓶で飲まなくなってしまったけれどいいのかなとか、好き嫌いがひどくてなどのお悩みは、栄養士のOさんからも、何で(手段)飲むのかというのは特に問題ではないのでは、と。赤ちゃんのことだとつい厳密に心配してしまいますけれどね。体重の増減や大きいことや小さいことなど、大人だったら太った人も痩せた人もいるし、食べ物も好き嫌いだってありますよねぇ。赤ちゃんだと気になるのはどうしてなのでしょう?そう、それだけ、真剣ということですよね!体は小さいけれど、赤ちゃんは結構生き抜く力を備えて産まれ出て来る、一様に言えるわけではありませんが案外丈夫にできていますから、ね。


私の家のすぐそばにある保育園があり、ひろばを卒業したお子さんも多く通われているので、時々お会いできる幸運に恵まれています。0歳児で遊びにいていた小さかったあの子がお迎えに来たママにあれこれ指示したり、だたをこねたり、時には駆け引きしたりする会話が聞こえてきます。たった数年でこんなに成長する子ども達に、鳥肌が立ちそうになる時もあります。先日講演会で知った、ポーランドの教育者コルチャック先生の、「子どもはだんだんと人間になるのではなく、すでに人間である」ということばを思い出しました。


身体が小さいし、まだまだ未熟なので、どうしても守るべき存在に思えますが、子ども達はすでにひとりの人間で、大きくなれば、逆に守ってもらうような存在になる、、、我が家はすでにそんな感じになっています(笑)今は想像もつかないと思いますが、案外、早くやってくるものですよ~いや、ホント!


次回の0歳児あつまれ!は5月15日(水)10時からです。

詳細はHP等をご確認ください。(要予約)

スタッフ一同笑顔でお待ちしていま~す♪

Comments


bottom of page